2007年02月20日

“いかなご”って知ってる?

私の家は兵庫県の瀬戸内地方にあるのですが、昔からこの時期3月になるとこの地方名物の  “いかなご” 漁が解禁になり神戸から赤穂まで瀬戸内沿岸が “いかなご” だらけになります。
 
特に、神戸・明石・姫路は本当にイカナゴだらけです。それも一年の内一ヶ月間だけなんですよ。
 

知ってましたか。
 
“さかな”ですよ。
 
見た目は、“しらす”みたい。でも魚の種類が違うんです。
 
瀬戸内で3pぐらいの半透明な稚魚がそりゃもう一杯、大量にとれるんですよ。
 
それで昔からの伝統で “いかなごの釘煮” というのをそれぞれの家庭で作ります。
 
まあ魚の佃煮みたいな感じですけど、それぞれの家庭で特色があって (ショウガ風味、山椒風味など) ご飯が何杯でもイケます。
 


石塚も  “まいう〜” の連呼 連呼ですよ。 
 
魚屋さんではこのイカナゴを (この辺では “新子”〈シンコ〉 と呼びますが) 釜揚げ (せいろ蒸し) にしたものをこのシーズンの1ヶ月間だけ販売します。あっという間に成長するので3pから5pまでくらいのものがとれる1ヶ月間だけになるんです。
 
これが うまい 最高。
 
お酒にもご飯にも、もうたまりません。
 
私はどんぶり飯に大根おろしを乗せその上に新子の釜揚げをたっぷり(ご飯と同量ぐらい)のっけて、そして醤油をほんの少したらしてかき込みます。……ハハハ……羨ましいでしょ。
 
もう 本当においしい
 
春の海を食べてる!! って感じですね。
 
それがもうすぐ来週あたり解禁になって一年ぶりに食べられるんです。もうワクワクして昨夜も夢を見ました。ハハ
 
 
 
“イカナゴの釘煮”
 
は、最近は全国的にも知名度が上がってきているのでご存じの方も多いかと思うけど、どうでしょうか。美味しいよ。
 
関東や、九州方面でもデパ地下などで手に入るんじゃないかな。
 
一度食べるべき一品です。
 
ぜひ検索して調べてみてね。
 
 
 

ラベル:いかなご
posted by ラピス at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。